2019年9月17日

病院や様々な医療分野で働くことで得られること

看護師というと、少し前までは女性の仕事としてのイメージが強く持たれていましたが、現在では男性の看護師も増えている傾向にあります。看護師として働くには、厚生労働省が所管している国家試験に合格することが必要で、人材不足が慢性化していることから需要が高い職種であることはご存知のことでしょう。資格を取得すれば看護師としてキャリアを積むことができ、長く働くこともできます。ひとつの職種を続けて行きたいと考えている方には最適な仕事といえます。

看護師の仕事のやりがいは、当然のことながらその人それぞれ異なりますが、仕事をしながら医療ケアの知識や技術を自然と習得できるため、自分自身の健康管理にも役立てられるので、看護師になって良かったと思うことも多いようです。病棟のある病院勤務の看護師の場合には、患者に密に接している存在として、必要となる医療ケアや生活のサポートはもちろん、毎日のバイタルチェックや会話の中で、患者の異変を察知できるのも看護師です。それによって医師に早急につなぐことで、事なきを得るといったことからもやりがいを得ることができます。

病気の進行によってこれまで普通にできていたことができなくなった患者に、適切な治療やリハビリを実践することでできないことができるようになったという状況を目にして、患者とその家族とともに喜び合えるのも嬉しいポイントです。病院勤務の看護師の仕事は、肉体的にも精神的にもハードなものですが、患者や家族からのありがとうという感謝の言葉にやりがいを感じ、支えられているといえるでしょう。